TOEICの読解対策をするには

TOEICという英語のテストについて TOEICのリーディングパートにおいて大きな問題となるのが、読解力の向上です。
文法問題を解く場合においても、また内容を把握するためにも、何よりも大切なことは、読むスピードを向上させることです。
いくら文法の知識があり、またイディオムなどを知っていたとしても、読む速度が遅ければ、問題を全て解くことは難しくなってしまうのです。
またTOEICにおいては、文章さえ読むことができるのならば、簡単に解くことができる、という問題が多々あります。
なのでスコアを向上させるためには、読解力とスピードが重要となるのです。
TOEICの問題を完答するためには、一分間で150語を読む必要があります。
一つの文章を返り読みをしていたのならば、到底間に合いません。
なので一回読んで内容を把握する必要があります。
この時に役に立つのが、長文の音読です。
毎日400字程度の文章を声に出して読むことが大切です。
このとき、なるべく日本語に訳さないように、英語を英語のまま読み、理解するように読むことで、読解速度を向上させることが可能となります。

TOEICはリスニングの方が点を伸ばしやすいです

TOEICはリスニングとリーデングの試験です。
2時間で大量の問題を解かなくてはならないため、英語力だけでなく集中力も必要になってきます。
TOEICは勉強すれば成果がでやすいテストなので挑戦しやすいです。
しかしテスト勉強を怠れば良い点はとれないので、テスト前は3時間は勉強した方が良いでしょう。
TOEICは何度も試験を受けられるので、最も良い点を履歴書に書くことができます。
勉強方法としてはリーデングよりもリスニングの方が点を上げやすいです。
コツさえつかめば点が伸びるので、集中的に勉強しましょう。
まずは問題をリズムよく解けるように訓練が必要です。
慌ててパニックになると次の問題にも影響がでます。
もし聞いても分からない場合は無理に考えず、次の問題に集中しましょう。
リズムを崩すと一気に乱れる原因になります。
テスト前は睡眠をしっかりとり、テスト会場には早めに行きましょう。
もし不安であれば下見に行く方が試験当日は慌てずにすみます。

Valuable information