TOEICの種類について

TOEICの種類について TOEICには、いくつかの種類があります。
一つ目は、そのままの名前の物で、最もオーソドックスな試験です。
受験者の80~90%が受け、大学や企業でも、この試験の成績を評価の対象としています。
二つ目は、「TOEIC Bridge」。
初心者向けの試験です。大学や企業では評価の対象としていませんが、試験の雰囲気などを掴む練習台としては最適といえます。
三つ目は、「TOEIC SW」。
SWとは「Speaking Writing」の略で、上級者向けの試験です。 一部の企業では、この試験の結果を「海外に赴任させるか否か」の判断材料に使ったりしています。また、試験の形式にも二つの種類があります。
一つ目は、「公開テスト」。 個人で申し込む形式の試験です。
受験した結果として、「公式認定書」が貰えます。
二つ目は、「IPテスト」。
大学や企業など、団体で申し込む形式の試験です。公式認定書は貰えず、試験の結果は人事考課の材料などとして使われます。

転職に有利に働くTOEICとは

より良い転職先を希望するには、ニーズの高いスキルを身につけておくことが良いと言われています。
現代の日本の企業の多くは、海外へビジネス販路を拡大しようとしており、海外で活躍できる人材を求めている企業が半数以上を占めています。
こうした現状を考慮すると、高い英語力を持った人材が求められていると言えるのです。
転職の際、英語力を証明するために、TOEICという英語試験が利用されます。
世界各国で英語の検定試験として採用され、特に日本では進学や受験、就職、転職などのシーンで幅広く使われています。
TOEICは、日本全国で受験することができ、年に何度でも受験することができます。
また、試験内容はリスニングと文法問題、長文の読み問題などから構成されています。
高得点を取るためには、コツがいるため、事前に何度も過去問を解き、傾向と対策を練っておく必要があります。
また、マークシート方式の試験になるので、使いなれた鉛筆などを持参することが重要です。

おすすめWEBサイト 5選

防犯カメラを屋外に設置する

最終更新日:2017/6/27