TOEICという英語のテストについて

TOEICという英語のテストについて TOEICという英語のテストは、聞き取りと読解から構成されており、それぞれが495満点になっています。
両部門を合わせると990点満点となっています。
TOEICは基礎的な日常会話と簡単なビジネス会話ができるかどうかを問う問題が多くなっています。
リスニングセクションは写真を見て、合致する内容の英文を聞き分けたり、対話を聞いて正しい答えを選んだりします。
基本的には短いやり取りが基本となります。
リーディングセクションは求人広告や広告、メール、何かの告知文等を見て、内容把握しているかどうかを選択させることで問うものが多くなっています。
長文問題もありますが、大して長くはありません。
リスニングセクションの注意点は一度しか聞くチャンスがないことが挙げられます。
聞き逃すと取り戻すことはできません。
集中して聞き続け、失敗しても動揺しないことが大切です。
リーディングセクションの注意点は速く解くことが問われていることです。
のんびりやっていると時間切れになるので、注意しなければなりません。

TOEICで高得点を取るための単語数

TOEICで高得点を取るための単語数は5000語を目安にすると良いです。
この位の単語数があれば、履歴書に書いたり、公言できる得点にはなるはずです。
具体的には700点を超え、上手くいけば800点台になるはずだからです。
高校受験や大学などの学習によって、大学卒業者ならば3000語を超える単語力はあるはずですから、もう少し勉強するようにすれば良いだけです。
TOEIC対策の書籍をやったり、ビジネス英会話を勉強するようにすれば、自然と語彙は増えていきます。
気付けば5000語位にはなっているはずです。
更なる高得点を目指すなら10000語を習得することが大切です。
900点以上を目指すなら、出会った単語は全て覚えるようにしなければなりません。
また、よく知られている意味だけではなく、あまり使われない意味も覚えるようにしなければなりません。
簡単で皆に知られているような単語でも、あまり使われない意味がある場合もあるので注意が必要です。

おすすめWEBサイト 5選

ハムとソーセージを贈る
http://www.hamukoubou.jp/category-processed.html

2017/1/26 更新